Archive for 12月, 2012

アボガトとマグロのユッケを作ってみた!

水曜日, 12月 12th, 2012

最近、カフェなどでアボガドを使ったメニューが若い女性を中心に人気を呼んでいるそうです。
ある渋谷の人気カフェで、一番売れているメニューがアボガド&マグロ丼だそうです。

ヘルシーで健康効果が高いとは言われていますが、そんなに健康に良いのかなと疑問に思っていました。
気になってアボガドのことを調べてみたら、デトックス効果が高いことがわかりました。

解毒効果の高い「グルタチオン」が含まれている食品なのです。
薬局でグルタチオンは解毒剤として販売されているのを、偶然見たことがあります。

グルタチオンとは聞きなれない名前ですが、正体はアミノ酸です。
グルタミン酸、システイン、グリシンという3つのアミノ酸が結びついたものだそうです。
実は私はアボガドの味が苦手だったのですが、デトックスにすごく関心があるんです。
なんだか無性に食べたくなって、近所のスーパーで探してみることにしました。

しかし、アボガドってなかなか売っていませんよね。
三軒スーパーを回って、やっと見つかりました。

実は私、病気が原因で車椅子生活を送っています。
1人で走り回ったわけではなく、家族に車椅子を押してもらっています。

私の買い物に付きあわせてしまっているので、悪いなーとは思いました。
が、退院祝いも兼ねて、快く付き合ってくれていました。
本当に家族には感謝です。

しかし三軒目のスーパーでアボガドが見つかってほっとしたのもつかの間、味付けを調べ忘れたことに気がつきました。
こういう時に役に立つのが、レシピサイトのクックパッドです。
スマホで料理法を調べながら、買い物カゴに足りないものを入れていきました。

いろいろ迷って、マグロとアボガドのユッケにすることにしました。
材料を切って混ぜるだけだったので、意外と簡単でした。

車椅子でフライパンを使った料理は、台所と車椅子の高さが合わないのでやりにくいです。
けれど、材料を切って和えるという工程だけなら、私にもできます。

味もヘルシーでさっぱりしていて、家族にも好評でした。
車椅子でも、できる料理のレパートリーが増えました。
こうして一つ一つ生活の中で出来ることが、見つかっていけばいいなと思います。

  • コメントは受け付けていません。
  • 日記帳

肉食系女子の弊害って?

日曜日, 12月 9th, 2012

最近、肉食系女子という言葉が流行しています。
恋愛に積極的な女性のことを示していて、海外ドラマ「SEX AND THE CITY]の登場人物がモチーフになっているとも言われています。

しかし、肉食系女子の弊害が指摘されつつあります。
その時の成り行きや雰囲気に任せて、相手と性交渉に及んでしまうことです。

相手が特定せず、セフレがいたり、不特定多数の場合もあるでしょう。
もちろん、そのことを批判したいのではありません。

心配なのは、性感染症です。
不思議な事に、性に奔放な女性ほど「私は大丈夫だ、関係ない」と自信を持っている人が多く、検査をしないのです。

しかし、数々の恋愛を経て、結婚して妊娠した時・妊娠を望んでいる時に性感染症が発覚するケースが問題になっているのです。
性感染症はあまり自覚症状が出ないものもあり、発見時には感染症が進行している時があるのです。

予防のために国や自治体が無料の検査を行なっています。
簡易検査で、項目も限られていますがこまめに受けておくとよいでしょう。

匿名・無料で健康保険証が不要なことがほとんどです。
しかし、検査時間帯は平日のお昼間で、仕事の時間帯と重なって行けない人も多いでしょう。

都市部には、土日・夜間で同じく無料・匿名で実施している機関があります。
インターネットで検索できるので、心当たりがある人は足を運んでみるとよいでしょう。

特にAIDSは、パートナーをも生命の危険にさらしてしまいます。
結婚し、妊娠を希望する場合、避妊具なしで性行為を行うことになるからです。

私は恋愛経験も、付き合った人数も少ないタイプです。
恋愛経験豊富な友人を、憧れの目で見ていました。

しかし、不特定多数の男性と付き合っていた友人が性感染症にかかったのです。
彼女自身、たまたま別の病気の検査をして見つかったようなので大事には至りませんでした。

彼女もこれがAIDSだったら自分はどうなってたんだろう、と真っ青になっていました。
恋愛スタイルは個人の自由ですが、取り返しのつかないことになってからでは遅いのです。
しっかりと避妊や性感染症対策をした上で、恋愛を楽しみたいものですね。

  • コメントは受け付けていません。
  • 日記帳

自動車免許を取りに行こう!

木曜日, 12月 6th, 2012

私は、28歳の時に病気が原因で手足の機能の一部を失いました。
自宅で病気療養をしていましたが、最近、車椅子で職業訓練に通い始めました。

自宅から電車で3駅ぐらいのところにある、障害者向けの訓練施設に通うことになりました。
健康な時だったらなんでもない距離だと思うのですが、車椅子になると大変です。

まず、朝の通勤ラッシュ時に車椅子は迷惑になってしまいます。
乗ってはいけないという決まりがあるわけではありませんが、混雑した車内に車椅子が入るのはまず無理でしょう。

私は車の免許を持っていないですし、そもそも車椅子ごと乗れる車両が家にありません。
結局、市バスを3回乗り変えて訓練施設に通うことにしました。
朝のラッシュで多少混雑していますが、電車ほどではないからです。

しかし、車椅子が乗れるノンステップバスが来る時間帯は限られています。
加えて乗り継ぎがうまくいかず、電車の倍近くの時間がかかってしまうのです。

正直なところ、ラッシュ時に車両の一部に車椅子専用スペースは欲しいところです。
乗る電車の時刻が決まっている人は、予約できたら便利だろうなと思ったりします。

車椅子ユーザー同士で「車両の連結部分に車椅子スペース作れないのか」とよく話します。
実際には難しいとは思いますが、実現したら喜ぶ人が増えるのではないでしょうか。

いずれは車椅子で一般企業に就職したいと思っています。
電車通勤が難しいので、会社の徒歩圏内に住むしかないかもしれません。
企業のビルは大体が都心や中心街にあるので、物件の数は限られていますし、家賃も高いでしょう。

やはり、車で職場に通うのが現実的でしょう。
職業訓練が終われば、車の免許を取りに行こうと考えています。

関東に障害者専門の教習所があるそうです。
関西在住の私は、教習所内にある寮で過ごしながら、免許を取ることになります。

しかし、車椅子ユーザーが働くには免許は必須です。
将来のために、関東まで免許を取りに行こうと思います。

福祉車両を変える日が来るのはいつになるのかわかりませんが、いずれは欲しいです。
たとえ車椅子であっても、車を運転できれば行動範囲がぐんと広がります。
近い将来、必ず免許を取って、ドライブに出かけたいと思います。

  • コメントは受け付けていません。
  • 日記帳

婚活に疲れる女性が増えている?

水曜日, 12月 5th, 2012

「婚活」という言葉が、幅広い世代に浸透しています。
しかし、今、「婚活疲れ」が問題になってきているだそうです。

例えば、婚活の一環として結婚相談所に登録した場合。
お見合いパーティーに参加したり、データで送られてきたお相手と一対一で会ってみたり。
幸せな結婚に向けて、いろいろな「活動」をしないといけません。

しかし、一生連れ添うパートナーが決まるかもしれないので、緊張の連続でしょう。
相手にどのように思われているのか、いい印象を与えているのか、非常に気になります。
また、自分自身が、どうしても相手の条件のチェックにシビアになります。

婚活疲れの原因は、パーティーやお見合いによる緊張続きの日々にあるのではないでしょうか。
女性はもともと恋愛結婚願望が強いものです。
愛する男性と結ばれたいと思う人ほど、相手の釣書や条件ばかりを重視する婚活に違和感を感じてしまうのです。

婚活疲れから、恋活に走る女性が増えているという雑誌記事を読みました。
確かに婚活に疲れてしまう女性の気持ちはわかる気がします。
しかし、恋活ってなんだろう?と疑問に思ってしまいました。

恋活とはいろいろな定義があるようなのですが、ネットなどで出会いを探すことが中心だそうです。
フェイスブックを使って、ランチ相手を探して出会いを求めるソーシャルランチなども広い意味で含まれるそうです。
どんどん社会が変化して、いろいろな恋愛のスタイルが生まれていってるんですね。

ガツガツした印象さえある婚活より、恋活の方が軽い気持ちで楽しめるのかもしれません。
特にソーシャルランチは、昼ご飯を食べに行く気軽な出会いのスタイルです。
若い世代だけではなく、婚活に疲れた女性にもぴったりかもしれません。

ふと、電話で祖母に婚活をどう思うか、聞いてみました。
てっきり「最近の若い人は・・」と批判すると思っていました。

すると、「今の若い人は大変だね」という答えが返ってきたのです。
意外に思って訳を聞いてみました。

祖母が若い頃は、適齢期になると近所の世話役の人が縁談を自然に持ってきてくれたそうです。
だからわざわざ婚活なんてしなくても、待っているだけで結婚できたといいます。

今の人は恋愛の自由もあるけど、わざわざインターネットまで使わないといけないなんて苦労するねと笑っていました。
それを聞くと、「今の若い人達は大変」という祖母の言葉に妙に納得してしまった私です。

でも、結婚はゴールではありませんよ。スタートなのです。
そのあとの苦労だっていろいろあります。
例えば浮気とか。
知り合いの方が先日、パートナーの行動を不信に思い原一探偵事務所という所に浮気調査を依頼していました。
その結果、相手の方は浮気していたようです。

結婚をするなら幸せの暮らしが出来るよう、目先だけではなくその先を見据えてくださいね。

  • コメントは受け付けていません。
  • 日記帳