用水路を辿って

今日は休日でした。

天気が良く、家の中で過ごすのは勿体無いので久しぶりにバイクで走ろうかと思い、家を飛び出しました。バイクといっても小さなカブですけれどもね(笑)。

最初は目的もなくふらっと走って道の駅でまったりしようかくらいしか考えていませんでしたが、途中で面白いことを思いつきました。

「用水路沿いを走ってみようか」

走っていて見かけた見沼代用水。埼玉から都内に向けて利根川の水を運ぶ重要な用水路で、これを辿って利根川まで行ったら面白いかもと思ったのです。

ちょっと走るつもりが、思わぬ目的ができてワクワクしてきてしまいました。こんな明確な目的を持って走らせるのは本当に久しぶりでしたから。

用水路を辿るといっても、それは簡単なものではありませんでした。所々走行できない場所もあり、その都度迂回して用水路沿いに戻っての繰り返しでしたから。

途中道に迷ってしまい、急遽コンビニで埼玉県の地図を購入しました。購入した地図で用水路と同じ方向に向かっている道を探しながら走り、気がついたら2時間。ようやく見沼代用水のはじまりである利根大堰に到着しました。

見沼代用水をはじめ、埼玉用水路や葛西用水のはじまりである大きな水門を見た時は思わず感動してしまいました。「ここから自分が住んでる町まで水が運ばれているんだなぁ」と。

理屈では分かっていても、そういうことって普段はなかなか感じることができませんからね、今回なんとなく思いついただけで用水路を辿ってしまいましたが、とても良い経験を得ることができました。

走った道も、車の往来が少ない細い道であったのがまた良かったですね。時にはクルマが通れないほどの道もあり、そのようなところをカブで徐行程度の速度で通るのは気持ちが良かったです。こういうのは小さな二輪特有の醍醐味ですからね。

ただ、50ccのカブではいささか辛かったです(笑)。クルマがほとんど走っていない道であれば問題はありませんが、ちょっとでもクルマが走ってる道に出るともう怖くて怖くて。

カブはカブでも、90ccか110ccくらいの排気量モデルが欲しいなぁと感じてしまった今日でもありました。今後も今日のようなゆるいツーリングを楽しみたいので、乗換えもありかな?


We're sorry, but comments are closed.

No Responses to “用水路を辿って”




By submitting a comment here you grant スコップ片手に a perpetual license to reproduce your words and name/web site in attribution. Inappropriate comments will be removed at admin's discretion.