二輪の高速料金を値下して欲しい

ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの日本4大二輪メーカーが「二輪の高速料金を値下げすべきだ」と国土交通省に要望したとのことです。多くのライダーにとっては「やっとか!」と思える出来事です。

現在の二輪の高速料金は軽自動車と同じです。しかしこれはどう考えても納得がいかないものです。二輪は軽自動車と比べて乗車人数は少ないです。また、走行に有する面積も少ないことから、路面にダメージを与えにくいといった点からも、軽自動車と同じ料金負担はおかしいとの見方もされています。

4大二輪メーカーの要望が通り、二輪高速料金の値下げが実現すれば、ライダーが高速道路を利用する頻度が増えて各地の地域活性化に繋がるだけでなく、二輪の売れ行きも向上するでしょう。ぜひとも実現してもらいたいものです。

今回要望を出したのは国産4大メーカーだけですが、それにハーレーダビッドソンやBMWといった外車勢も同じく要望を出すに至れば、実現の可能性は大きいでしょうね。国産メーカーだけではどうでしょうか、力及ばずっていう結末がちらついてどうも頼りないです。

最近の国内の二輪状況は外車勢が非常に強いです。高速道路を走ればハーレーやBMWがわんさか走っています。サービスエリアの駐輪場でも、むしろ国産の方が珍しく見えてしまう場合もあるくらいですから。

大型バイクの選択となると、どうしても外車に目が行ってしまう人が多いです。原付二種や車検の無い250ccクラス、バイクデビュー向けの400ccクラスでは、外車よりも国産の方が選択肢が多いのですが、大型バイクとなると、逆に国産よりも外車が目立ってきますからね。

高速道路を快適に走るバイクはやっぱり大型バイクが一番です。排気量が大きいほどスロットルを大きく開く必要も無いので楽ですから。なので、高速料金が値下がりすれば大型バイクの需要は高まるでしょう。そうなれば国産メーカーも今以上に大型バイクの開発に熱が入るでしょう。そうなれば楽しみです。

外車は、いろいろお金がかかります。国産なら外車よりも手はかからずに維持費も安いです。魅力ある国産大型バイクが増えれば、日本人の日本製大型バイク離れを阻止することにも繋がるかもしれませんね。

でも、そうなるとしたら、ハーレーやBMWといった外車勢は高速料金の値下げに反対なのかな? だから要望を出さないのかも。


We're sorry, but comments are closed.

No Responses to “二輪の高速料金を値下して欲しい”




By submitting a comment here you grant スコップ片手に a perpetual license to reproduce your words and name/web site in attribution. Inappropriate comments will be removed at admin's discretion.