ご当地ナンバーの良し悪し

ご当地ナンバープレートというものをご存知でしょうか? これは原付などの小さなバイクに取り付けるナンバープレートで、その地特有のデザインを施して地域のアピールやイメージアップにつなげようというものです。

しかし、この案は賛否両論で、これまで通りの通常のナンバープレートが望む人もいます。ご当地ナンバープレートを採用している地域では、ほとんどの場合そのような声にこたえるべく通常タイプの選択も用意されているのですが、姫路市では通常ナンバーの選択ができず、多くの苦情を寄せてしまったとのことです。結果、姫路市でも通常ナンバーの選択を行なうようです。

通常ナンバーを望む方の意見としては「ご当地ナンバーは目立つので恥ずかしい」「自分のバイクには不似合い」との声が多いようです。男女の割合としては、男性は懸念しており、女性では「可愛い」と評判の声をあげる人が割合多いようです。

確かに街中でご当地ナンバーを取り付けた車両を見かけると、可愛いと思えることもあれば、ミスマッチに思える車両もあるのが事実です。ナンバープレートをどちらにするか選べるようにしておくことは、当然の行いといえるでしょう。

原付クラスのナンバープレートは、陸運局ではなく、市役所等の管轄です。ですから、中にはマイナーな地名がナンバープレートに刻印されていることも多く、それを確認するのはなかなか面白いものなんですよね。

私は以前、関東のある地名が刻印されたナンバーで原付二種で北海道まで行ったことがあるのですが、あちらの人の反応が面白かったです。「これってどこ?」「あぁ、ここ知ってる!」など、地元の方がナンバープレートの名前を指差して色々と話してくれるのです。良い旅の思い出になりました。

ご当地ナンバーともなれば、きっともっと面白い出会いができたことでしょうね。そういう利用法を考えるとご当地ナンバーはナイスなアイデアだと感心できます。しかし、日常の足として利用する場合、ご当地ナンバーだったら私は嫌ですね。恥ずかしくて乗りたくないなと思ってしまいます(笑)。

人によっては、原付や原付二種で遠くまでツーリングに行くという人もいるでしょう。そんな人はご当地ナンバーの方が面白いツーリングが出来ると思いますよ。どんなカスタムより注目の的になりますからね(笑)。


We're sorry, but comments are closed.

No Responses to “ご当地ナンバーの良し悪し”




By submitting a comment here you grant スコップ片手に a perpetual license to reproduce your words and name/web site in attribution. Inappropriate comments will be removed at admin's discretion.